ワイナリー紹介

バロリアワイナリーは、今昔問わずリオハの伝統を守りつづ、現代醸造設備を導入によって、高品質なワインを生み出しています。

ステンレスタンクは大中小と様々な大きさが用意されており、生産能力は年間150万リトルくらいです。また、フランスかアメリカ生産した樽も1300本導入しました。

起源

バロリアワイナリは1860年、名産地リオハ·アルタのフエンマヨールという町にペレス·フォンセア氏によって創設されました。

発展

ワインの品質を向上させるためには、技術進歩を大切にします。それで,樽を1000本以上収容できる地下熟成室を投資して、建設しました。

バロリアワイナリーの発展にとって、三つのキーポイントがあります。まずはクラシックで、エレガントような魅力的なイメージを守ること;次はリオハ·アルタの高品質のブドウから極上のワインを生産すること;最後は良いコストパフォーマンス。

拡張

1951年に、流通業者フランシスコ·キンタナさんとの業務提携は始まりました。そのときから、オーストリア、ドイツ、ベネルクス、デンマーク、イギリス、スイス、アメリカ、日本などの外国マーケットを広げました。また、リオハとスペインの他地域にも販売しています。

売上高のうち、40%が輸出売上高占められます。

2010年末、ボデガ·バロリア有限责任会社として知られるようになりました。ナバロ·ロペスグループが持つ国内外における流通ネットワークのを利用できます。グループが持つワインの70%は72カ国以上にを輸出されています。

 

メールマガジン登録

新商品やワイナリー情報をいち早くお届けます。ぜひご登録ください。

Age Verification

Are you of legal drinking age?